番狂わせを起こす

TOEICは今の世の中では数少ない、頑張れば頑張っただけ報われるものだと思っています。

現実の世の中では不公平が当たり前です。

どんなに仕事を一生懸命頑張っても、効率のいい人や、ごますりが上手い人より低い評価が下されることがあります。
恋愛や結婚に関しては、どんなに好きな人のことを思って努力をしたって、どうしようもないことも多いです。
スポーツや音楽の世界では、どんなに頑張っても、元々持っている能力や才能が左右する部分が大きいかもしれません。

でもTOEICなどの資格試験は違います。

TOEICなんて、本気で頑張れば誰でも高い点数を取れます。才能なんて一切関係ありません。
私のように、英語が大の苦手で300点台からスタートした人間でも、930点まで伸ばすこともできました。

私たち日本人が誰でも日本語を話せるように、英語だって普通にやれば誰でもできるようになります。

「番狂わせ」を起こせるのがTOEICです。

もしあなたが英語が苦手なら大チャンスです。
めちゃくちゃ頑張って300点でも500点でもアップして、周りの人を驚かせてやりましょう。

その詳しい方法が知りたい場合は、是非コメントやDMを頂ければ幸いです。


↓参考にして頂けたらクリックで応援お願いします。
スポンサーサイト

【TOEIC常識】 メッセージの返信は速く、スルーは絶対にされない

新形式になってから、Part7に「テキストメッセージ」の文章が増えました。

TOEICのテキストメッセージには基本的に3人以上の複数人が登場します。

たくさんの人がいるからといって既読スルーされることは決してなく、みんな積極的に協力の手を差し伸べてくれたり、アイディアを出してくれます。
また、メッセージ内では次の人が大抵1分以内という速さで返信し、仕事が忙しくて話題に乗り遅れる人はいません。

10通程度のメッセージ内で問題や疑問はすべて解決され、さらに別の話題に移ったりします。仕事ができる人が多くて無駄がなく、意味のない世間話を始める人もいません。

またテキストといっても、スタンプはもちろん絵文字も顔文字もなく、無味乾燥な文章でのやり取りが繰り広げられます。

ちなみにテキストメッセージの問題では、基本的に話者の「発言の意図」を問う問題が出てきます。
新形式から登場した問題なので不安な方もいるかもしれませんが、意図を問う問題は平易な問題が多いので、是非得点源にできるように日頃から練習を積んで頂ければと思います。


↓参考にして頂けたらクリックで応援お願いします。

【TOEIC常識】 プリンターは壊れる

ここではTOEICの世界でよく起こる「TOEIC常識」を取り上げます。

下らないようですが、問題文の中で何がよく起こるのかということを知っておくのは結構役に立ちます。
軽くさらっと読んで楽しんで頂ければ幸いです。


今日のテーマは「プリンターは壊れる」です。

これは有名な話ですが、TOEICの世界ではプリンターがことごとく壊れます。
どこ製のプリンターを使っているのか知りませんが、新しいものをなぜ買わないのか不思議です。予算が足りないのでしょうか。

皆さんも試験中にまたプリンターが壊れたら、「そろそろ新しいのを買いなよ」と心の中で突っ込んであげて下さい。

ちなみにプリンターを表す表現はTOEICではcopy machine, photocopierがよく出てきます。
知らないとリスニングで迷ってしまう可能性があるので、この機会に是非覚えてみて下さい。


↓参考にして頂けたらクリックで応援お願いします。

精読が基本

TOEICのReading対策には、様々なテクニックが存在します。
その代表例がスキャニングやスキミングなど、情報を拾いながら読む方法です。

確かにこういったテクニックが正答数を上げるのに役立つこともありますが、私はこういったテクニックに頼りすぎるのはおすすめしません。

これは私がTOEIC300点台からスタートしたから分かるのですが、読解力がない時にこんな難しいテクニックなんて使いこなせません。
全文を読んで時間をかけても正解できない時に、一部だけ読んで正解を導き出すなんて無謀です。

すべての基本は「精読」です。英文を前から一文一文丁寧に読む力が大事です。正しい文法知識とそれなりの語彙力があれば、しっかり英文を理解できるようになります。

最初は途方もなく時間がかかるかもしれませんが、だんだんスピードが上がっていきます。
「速読」とはテクニックではなく、後から実力としてついてくるものだと私は考えています。

読解力がついてくれば自然と速読ができるようになり、色々なテクニックを自然に使えるようになってきます。

実力がないうちにいきなり速読を行おうというのは、普段陸上のトレーニングをしていない人が突然オリンピックに出て陸上で金メダルを目指すようなものです。
まずは日々の練習で体力や筋力をちょっとずつつけていきましょう。

基本に忠実に。それが結果的に上達への一番の近道です。


↓参考にして頂けたらクリックで応援お願いします。


Part1あれこれ "vehicle"編

今日は"vehicle"について。

これもTOEIC頻出単語です。意味は(車輪のついた)乗り物で、主に自動車を指すことが多いです。発音が難しいので確認しておきましょう。

「え?車はcarでしょ?」と思う人も多いと思います。もちろんcarも出ますが、carは誰でも知っている簡単な単語なので、わざわざvehicleに言い換えるんです。

TOEICのPart1の写真では、よく自動車が登場します(だいたいパーキングメーターに駐車されていて、駐車違反のステッカーを張られた車はいません)。

ちなみに私の大好きな海外ドラマ"24"にはvehicleという言葉が頻繁に出てきます。捜査官が容疑者に"get out of the vehicle! (車から出てこい!)"と言ったりする場面がかっこいいです。

なお、TOEICは車社会であるアメリカのテスト機関が作っているためか、電車はあまり現れず、テストで映っている乗り物はだいたい車やバスです。フォークリフトとか自転車も出ます。


↓参考にして頂けたらクリックで応援お願いします。

プロフィール

Brad

Author:Brad
【管理人Profile】
東京生まれ。
早稲田大学人間科学部卒業。
TOEIC講師。通訳。

大手語学教育企業に新卒で入社も、教えることへの情熱を捨てきれず、退職。
現在フリーランスで働きつつ、TOEIC専門スクールBrad's設立準備中。
大学在学中にTOEIC395点から英語圏滞在経験なしに875点まで独学で伸ばす。
現在930点保持。

中国語も勉強中。

【Brad'sについて】
TOEICなど資格対策専門校として、セミナー・レッスン・家庭教師事業等行う予定です。

【全TOEIC公開テスト結果】
2010年11月 395
2011年05月 610
2011年07月 655
2011年09月 610
2011年10月 705
2011年11月 720
2012年01月 690
2012年03月 725
2012年05月 755
2012年11月 765
2013年01月 875
2013年05月 805
2013年11月 825
2015年03月 915
2016年03月 915
ー以下新形式ー
2017年03月 880
2017年06月 930
2017年07月 840

L最高点 495(満点)
R最高点 470

【その他資格】
・中国語検定HSK5級(上級)合格


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR